2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレリーフ勉強会

トレリーフ勉強会
◆パーキンソン病の概要及び疫学
・概要:
黒質線条体のドパミン神経の変性により、振戦、筋固縮、無動、姿勢調節障害が出現する神経変性疾患。
・疫学:
現在日本では約15万人の患者がおり、有病率は100~150人/10万人といわれている。神経変性疾患の中ではアルツハイマーに次いで多い。

◆トレリーフについて
・用法用量:
パーキンソン病の補助薬としての位置づけであり、原則L-DOPA製剤との併用にてwearing-off現象の改善が期待できる。
通常はL-DOPA製剤、ドパミンアゴニストに次いで、3剤目の併用薬としての選択になるが、ドパミンアゴニストの併用は必ずしも必須ではない(使用歴があれば可能)。
・特徴:
①補助薬としてはエフピー、エンタカポンと異なり1日1回で済む。
②パーキンソン病の症状として多くみられる振戦に効果がある(1か月程度で改善が見られ始める)。
・薬価について:1084.9円。同成分の抗てんかん薬であるエクセグラン100mg(薬価32.2円)よりかなり高価。値段の違いは薬価が類似薬効方式で決定されたためである。臨床試験で比較対象された薬剤はエフピーであり、トレリーフはエフピーの1日当たりの薬価(344.4円/錠×3錠=1033.2円)を参考に決定された。

以上

«  | ホーム |  »

プロフィール

こがね

Author:こがね
紆余曲折を経て、2012年薬剤師になりました新米薬剤師のブログです。
あくまでも自分のためのブログなので、かなり緩めで適当です。
閲覧は『自己責任』でお願します♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
仕事の覚書 (219)
e-ラーニング (29)
プライベートあれこれ (25)
日常の覚書 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。