2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二の腕のブツブツ

皮膚科のPtで遺伝性の二の腕のブツブツを訴えた方が居た。

サリチル酸ワセリンのみの処方で、よく見る症状だった。

そういえば、二の腕のブツブツは巷でノースリーブの女性でも良く見かけるし、実は旦那も二の腕にもかなり汚いのが合ったりする。結構ありふれているので、ここいらで一度調べてみることにした。

意外に『今日の治療指針』に乗っていたので、そちらからまとめたものだが。

二の腕のブツブツは正式名称、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と言われる。
※苔癬(たいせん)とは皮膚病変の名称の一つで、ほぼ均一の大きさを示す充実性丘疹が密生ないし、散在するものとのこと。つまりポッコリしたブツブツがある状態のことで良いのかな。

常染色体優性遺伝による非炎症性の毛孔性角化症であり、上腕や肩などに多発性にみられる。
「おろし金」様のザラザラした感じで、主に思春期の女子が整容面の訴えで来院する。

小児期に発症し、思春期に顕著となるが、30歳以降は加齢とともに自然消退傾向を示す(本当?)。
乾燥皮膚であることが多く、角質溶解作用とともに、保湿作用の改善が主眼となる。

薬物療法としては、10%サリチル酸ワセリンやウレパールクリーム、ザーネ軟膏ビタミンA製剤)が用いられるようだ。
炎症を合併していて掻痒があればこれらに加えて、ステロイドの外用剤を併用することもある。

以上

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

こがね

Author:こがね
紆余曲折を経て、2012年薬剤師になりました新米薬剤師のブログです。
あくまでも自分のためのブログなので、かなり緩めで適当です。
閲覧は『自己責任』でお願します♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
仕事の覚書 (219)
e-ラーニング (29)
プライベートあれこれ (25)
日常の覚書 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。