2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処方せんの記載について

門前病院のオーだリングシステム導入に伴い、処方せん記載が変更となった。

今までは1日量記載だったが、1回量記載となったようだ。

これまでも処方せんの記載については、1回量記載になる方針と(大学で)習っていた。
しかし、見にくくなるという薬剤師会の反対もあって、なかなか進まなかったらしい。

しかし、門前病院ではとうとう1回量で記載される様になった。
処方せん記載は以下の通り。

例)
リピトール錠10mg 1回1錠(1日1錠)
ジャヌビア錠50mg 1回2錠(1日2錠) 63日分
用法 朝食後

とりあえず、1回量と共に、1日量が併記されている。
しばらくは1日量の併記があるだろうが、そのうち1回量だけの記載になると思われる。


もともと処方せんの記載については平成21年から議論がされていたようだ。

私個人としても、調剤過誤を防ぐためにも最小単位での記載が筋だと思ってた。
何故現状の処方せんはこんなに書き方がバラバラで分かりにくいんだろうと。

個人的には私は1日量記載の分○という考えがイマイチしっくりこなかった。
最小単位の1回量で記載して、1日の回数と日数をかけたほうがシンプルじゃん。
少なくとも割り算するよりは。

インシデントで監査者に『分3だから。。。。』と言われるたびに、何で割り算?単純に3×の方が分かりやすいだろーが、とイラついて居たりもした。

ということで、周りの諸先輩方の反応はいま一つだが、私個人としては良かったんじゃないかと思う。
内服だけでなく、外用、頓服の記載もこの際きっちり統一してくれればいいのにね。

分かりにくすぎる。
折角医薬分業の兼ね合いで、処方箋をPtに情報公開してるんだから、素人が見ても分かるようにした方が良いと思うのだが。

以上

«  | ホーム |  »

プロフィール

こがね

Author:こがね
紆余曲折を経て、2012年薬剤師になりました新米薬剤師のブログです。
あくまでも自分のためのブログなので、かなり緩めで適当です。
閲覧は『自己責任』でお願します♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
仕事の覚書 (219)
e-ラーニング (29)
プライベートあれこれ (25)
日常の覚書 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。