2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モイスキンパッドをください

8/21の事であるが、門前の皮膚科のPtから『モイスキンパッド』が欲しいと言われた。
やけどか何か分からないが、子供の足の創に使うという。

初耳だったので添付文書を調べてみた。

◆モイスキンパッド
・製造販売業者 白十字株式会社
・分類:手術用被覆(ひふく)、熱傷被服・保護材 一般医療機器

・構造:ポリエチレン、レーヨン・紙・高吸水性樹脂を結合剤や圧着機でシート状に一体化したもの

・使用目的、効能効果:
 術後創傷のために用いる適切なサイズの被服・保護材として。
 熱傷皮膚を被覆、保護司、残出液を吸収するために用いる。

・使用方法:
 創の大きさよりやや大きいサイズを選び、吸収面を創部にあてる(防水材側と間違えないように注意)。
 医療用テープなどを用いて固定する。
 必要に応じて、白色ワセリン等を吸収面に塗布して使用する。

・包装:
 大きさは以下の5種類で包装枚数は()書きのないものは30枚(包)/箱である。
 75×100mm(60包(枚)/箱)
 75×200mm
 150×200mm
 150×300mm
 260×300mm(15包(枚)/箱)
 
以上が添付文書から抜粋した内容。

白十字のHpをみてみると、製品特徴が書いてあったので、そちらも。

特徴① 適度な滲出液吸収と創部の保護
    ・創傷側のポリエステルフィルムの穴から滲出液を適度に吸収。

特徴② 固着の軽減と清潔保持
    ・創傷側は他行ポリエステルフィルムのため、創に固着しにくく、交換時の負担軽減。
    ・粘着剤を使用してないので、交換がしやすい。

特徴③ 透湿性能と防水機能
    ・表面は内部の湿気を逃がし、外部からの水分、汚物の侵入を防ぐ透湿性防水フィルム。

価格が良くわからないので、Amazonのサイトで調べてみると上記包装単位のものは4000円前後する。
しかし、そのほかにも5枚入りなどが販売されているようで、そちらは1000円前後とお求め安くなっているようだ。

ちなみに、モイスキンパッドはうちの薬局にも近隣薬局にも置いてなかった。
Ptには恐らく通販で購入するのが一番手っ取り早いということをお伝えしたが、卸に発注しても良かったかもしれない。

ちょっと自分の対応に後悔…。
今後、モイスキンパッドの需要があるか分からないけど取扱いがあるか卸に聞いてみることにしよう^^;

«  | ホーム |  »

プロフィール

こがね

Author:こがね
紆余曲折を経て、2012年薬剤師になりました新米薬剤師のブログです。
あくまでも自分のためのブログなので、かなり緩めで適当です。
閲覧は『自己責任』でお願します♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
仕事の覚書 (219)
e-ラーニング (29)
プライベートあれこれ (25)
日常の覚書 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。