2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題発生!一包化が違います!

さて、本日は早朝から問題が発生(実際は昨日の閉店間際に大騒ぎになったのだが)。

そのPt曰く、一包化で指定したものと実際の内容が違うという。
デパスという薬がヒートではなく、一包化されていたことに甚くご立腹されたのだ。

もともと生保の要注意のPtで一包化の前には逐一確認が必要な患者であった。

事務からのメモ書きには乱れた文字で「〇印以外は一包化」とある(ビジネスの指示では誤解を招きやすくなる否定語って常識的には使わないんだけどね…)。

そのメモ書きにげんなりしつつ、カラートレイなので申し送りを確認した。

そう。こがねぴんはカラートレイで多々痛い目に遇ってきたので、カラートレイの場合、絶対に薬歴を確認してから調剤にかかることにしているのだ…!

調剤録に申し送り事項をメモ書きし、いつもの一包化との相違を確認する訳である。

しかし、確認してみると、普段はヒートで渡しているデパスが一包化に含まれていた。
つまり、この場合は〇印がデパスについてなかったってことね(面倒くさいな)。

そこで、事務さんにいつもはヒート渡ししているデパスに〇がついてないことを伝えると、
とにかく確認したのでそのままお願いします」と。
まずいと思いすぐさまPtを呼ぶも、既にPtは居らず。

実際に私がPtと話せればよかったが、話をした受付の事務がそう言うなら、もうその通りにやるしかない訳で。

デパスは一包化する人もいるし、しない人もいる。
うるさい人だかっらもしかしたら今回は一包化したいとも解釈できるし。

正直、心の中で舌打ちの嵐。

問題有りの患者だし、申し送りにも一包化するか否かは事前に確認とあるのに、薬剤師に伝えることなくPtを外出にしてしまうのは問題だと思う。

仕方がないので、〇印以外は一包化した。
そして監査者にもいつもの一包化内容と異なるが、Ptの指示を聞いた受付の話もあったので指定通り調剤した旨も併せて伝えた。

さて、時間が経ち、監査した時短社員も退社。
そして閉店間際、例の生保Ptがやってきた。

そして最初の通り大変ご立腹されたのである。

そして、翌日…。ボスに厳しめの口調で問題追及され…。

私はPtの話を聞いた受付の指示であったこと、いつもはヒート渡しのデパスに〇が付いてないことも数回確認したと申し開きをしたが。

何故、私が責められるのだろう。Ptの指示を聞いた人間が一番の原因ではないのか!?
逆にデパスを一包化し無かったとして、デパスを一包化してほしかったという意図だったらそれでも怒られるんだろうし(苦笑)。

一生忘れないくらい悔しい気持ちだ。

いつか…(以下ry)と思った日であった。
明日は元同期と飲み会。思いっきり愚痴るか^^;

«  | ホーム |  »

プロフィール

こがね

Author:こがね
紆余曲折を経て、2012年薬剤師になりました新米薬剤師のブログです。
あくまでも自分のためのブログなので、かなり緩めで適当です。
閲覧は『自己責任』でお願します♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
仕事の覚書 (219)
e-ラーニング (29)
プライベートあれこれ (25)
日常の覚書 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。