FC2ブログ

2018-12

レジ金が合わないことから分かったこと

そうだ、覚書として書き漏れたよ。

うちの薬局は昼に一度レジ金をカウントしてチェックすることになっている。

で。数えたところ600円のマイナス。

レセコンで入力した患者日計表と実際にその日レジで打ち込んだ会計を照らし合わせてチェック。

実は今まで患者日計表をチェックする意味ってあんまりよく分かってなかったんだよね。
理由としてはジャーナルには患者請求額が印字されているし、ジャーナルだけでも
打ち間違い二度打ちも発見できたりするから。

あとは、異動前のお店ではジャーナルしか見てなかったしね。

私はどちらかというと意味、意義の分からない作業や業務はすぐに忘れてしまうタイプ。

だから、かつて元上司に日計表とジャーナルを照合する意味について質問したことがある。

残念ながら回答としてはイマイチ『ピン!』とくるものではなかった。

だが、昨日ようやくその意義が分かった私。
(これでマネージャーやってんだから笑える。)

ある正社員曰く、
これでレジの二度打ちもないし、打ち漏れもない、あとは残置だけ、というワードをきいたので、レセコンで入力の終っている患者をきちんと処理したか残置なのかジャーナルだけで
チェックするより分かりやすいんだと判明した。

やっぱり何事も経験なんだなぁと感心。

これで次回から対処できそうだ。
日計表も『何の意味あるんだー?』ではなく、進んでチェックできそうだよ。

災い転じてなんとやら。

ちなみに、結局600円はトレーに残ったままでレジにしまい忘れであることが発覚。

人間、冷静さを失っているときは視野も狭くなるもんだ。

気を付けます!

根本を思い出さないと

なんで薬剤師になったのか。

患者さんのために少しでも役に立つ存在になりたい。

こう思ったんじゃなかったか。

今ちょっとズレてる^_^;
心身の不調で気づいた。

他人の話じゃなく、自分の仕事に集中しよう。
良いじゃん知識がなくっても。その都度復習すりゃ良い。

シフト表をどげんかせんといかん

前も記事にしたかもしれないけど。

会社から配布されたシフト表がやたら重い。

休日に作成しようと思って開こうとしたが、40分経過しても
開くことは無かった。

職場でシフトを組む暇がないから持ち帰ったのにどうにもならない。
何とかしないとな〜。

感謝!!

自分の不甲斐なさを色々フォローしてもらえるっていうのはありがたいことだ。

集合研修の講師が上手く出来ず、仕事もイマイチ。
落ち込んでいたけど色々なフォローに何となく復活。

本当、色々な方に気付いてもらったり、支えてもらって感謝!!

とにかく、お店が円滑に回ればそれで万々歳。

もう少し、頑張れそうだ。

棚番を変更 薬効順から五十音へ

うちのお店、薬の棚番号を薬効順から
五十音順に変えることとなった。

とはいえうちの薬局は1800品目もあるので
営業時間中には出来るわけもなく…。

結局11/11の日曜日に実施することとなった。


当日は9:30に集合し、せっせと実物の移動を開始。

カセッターの薬品移動はさほど困難ではなかったが、
引き出しが若干苦労したようで。

というのも移動する分量と引き出しの容量を予め厳密には
想定してなかったからだった。
(いや、想定自体無理くさいからやりながら調整する
しか無いんだろうけど。)

スカスカの引き出しもあれば、予定の引き出しに収まり
きれなかった薬もあったり。

多少苦労していたようだ。

ちなみに医薬品で比較的多かったのは『ハ行』のものだった。

これは姉妹店もそうだったみたいなので一般的に
言える傾向なのかもしれない。

是非とも次回以降別店舗で棚番を変える作業があるなら
教訓として抑えておいた方がいいと思う。

さて、変えてみて今日が初日。

私個人の感想だが、今までの薬効順より合理的で
当たりがつきやすく物凄く良い‼️

今まで薬効順とは名ばかりで、ジェネリックの進出と共に
ごっちゃごちゃでとんでもない様相を呈していた。

実習生が来るたび、薬効順だと説明するのが恥ずかしいくらい
カオスな状態で。

いや、ほんと良かった。
どんどん変えるべきだと思う^_^;

«  | ホーム |  »

プロフィール

こがね

Author:こがね
紆余曲折を経て、2012年薬剤師になりました中堅薬剤師のブログです。
あくまでも自分のためのブログなので、かなり緩めで適当です。
閲覧は『自己責任』でお願します♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
仕事の覚書 (266)
e-ラーニング (29)
プライベートあれこれ (33)
日常の覚書 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR